本ウェブサイトはクッキーを使用しています

Ultraseal は本ウェブサイトのご利用体験を改善するため、クッキーを使用しています。クッキーによりパフォーマンスの向上と機能拡張、特定機能の有効化を図ることが出来ます。クッキーに関する詳細情報は当社のクッキーポリシーをご覧ください。設定はいつでも変更できます。本ウェブサイトを引き続き利用されると、当社のクッキー使用に関するポリシーに同意されたとみなされます。

続行

Ultraseal リサイクル技術

お客様の空隙問題に対する包括的かつサステナブルなソリューション

当社の含浸システムはすべて市場の先端を行く Ultraseal リサイクル技術とリサイクル型シーラントによる仕様で提供可能です。つまり、シーラント使用量、水の使用量、廃液量を大幅に削減するベスト・イン・クラスのサステナビリティを提供することが出来ます。

当社はまた、継続的に熱硬化処理水を回収・再利用することで事実上廃液量ゼロの含浸処理を保証する熱硬化水再利用システムのオプションも提供しています。

当社のリサイクルシステムは処理水の清浄度と工程品質を維持するように設計されています。

主な特長

シーラント使用量が最大で95%低減

水消費量低減

冷水洗浄による廃水を排除することで、廃水処理に付随するコストを排除します

冷水洗浄用水の入れ替えを排除することでダウンタイムを削減します

ロジスティックスとサプライチェーンコストを低減します

リサイクル型含浸システムを選ぶ訳

標準型含浸処理、つまり非リサイクル型シーラントを使用した含浸処理では通常に90%以上のシーラントが消費され、この分を再利用用に回収することが出来ません。シーラントは再利用される代わりに冷水洗浄時に部品から洗い落とされるので廃液として扱う必要があります。そのため、含浸処理のコストが増加し、ユーザーの環境管理コストも増加します。

リサイクル型シーラントでは最大95%のシーラントが回収されて即再利用出来る状態となります。

Ultraseal シーラントのリサイクル型システムの仕組み

Ultraseal 水再生利用システムで廃液ゼロの含浸*

Ultraseal の含浸処理の熱硬化段階用水再生利用システムにより全工程がほぼ廃液ゼロとなります。

水再生利用システムは熱硬化タンクから出た温水を連続的にエネルギー効率の高い蒸留ユニットに送り込み、ここで水は精製されて再利用用に熱硬化タンクに戻されます。

当社の水再生利用システムはコスト削減における数々のメリットを提供します:

  • 事実上廃液量なしの含浸処理
  • 水消費量低減
  • 加工用水加熱用のエネルギー消費量低減エネルギー消費量低減
  • 廃液の廃棄費用を大幅に低減
  • 処理水交換のための生産ダウンタイムを排除

*蒸留処理中に少量の濃縮廃液が発生します。水槽タンクの2%未満の量(処理パラメータに応じて異なります)。蒸留中、処理液は水から分離されて廃棄用に自動的に捕集されます。

Select Language

InternationalInternational

ChinaChina中文

JapanJapan日本

USAUSAEnglish

MexicoMexicoMéjico

SpainSpainEspañol

GermanyGermanyDeutsch

United KingdomUnited KingdomEnglish