本ウェブサイトはクッキーを使用しています

Ultraseal は本ウェブサイトのご利用体験を改善するため、クッキーを使用しています。クッキーによりパフォーマンスの向上と機能拡張、特定機能の有効化を図ることが出来ます。クッキーに関する詳細情報は当社のクッキーポリシーをご覧ください。設定はいつでも変更できます。本ウェブサイトを引き続き利用されると、当社のクッキー使用に関するポリシーに同意されたとみなされます。

続行

粉末金属コンポーネントの巣穴

鋳造部品は漏れないように封孔するため含浸されます。粉末金属部品は材料特性を向上するために含浸されます:

切削加工特性の改善
粉末金属コンポーネントが切削加工機に及ぼすマイナス効果は有名です。切削加工前に含浸することで実質的に均質な表面を作り出し、工具がガタガタ鳴る可能性を低減します。これにより工具の寿命が最大で100倍伸びます

表面コーティング
前処理

粉末金属部品に多数の巣穴がある場合、生産工程からオイル、酸、洗浄剤などの異物が入り込む可能性があります。未処理の場合、こうした異物は表面に浸出して表面処理に損傷を与えることがあります。含浸が巣穴を効果的に洗浄して埋めることで、表面処理品質が向上して寿命の延長が望めます。

圧力に耐える性能

粉末金属部品が耐圧性を要するコンポーネントに使用される場合、含浸により部品内に通常存在する巣穴が完全に封孔されるので、目的適合性が保証されます。

真空含浸とは?

真空含浸とは多種多様な材質中の微細な空隙を耐薬品性かつ耐熱性のアクリル含浸液を使用して埋めることです。これは特殊用途の機器を用いて行い、材質には金属鋳物、電子および粉末金属コンポーネントなどが含まれます。

Ultraseal 含浸シーラントと処理用機器を使用するメリット:

  • 重合中の低収縮性により抜群の空隙充填性能
  • 微細な巣穴に迅速かつ深く浸透するように最適化された粘性と毛細作用
  • 化学物質、温度、振動に対する耐性を提供する頑丈かつ柔軟な特性
  • 空隙の壁面への接着力に優れているので恒常的な封孔を保証します
  • -50°C ~ +220°C (-58°F ~ +428°F) の動作温度における安定性

Select Language

InternationalInternational

ChinaChina中文

JapanJapan日本

USAUSAEnglish

MexicoMexicoMéjico

SpainSpainEspañol

GermanyGermanyDeutsch

United KingdomUnited KingdomEnglish